金融システム事業

イノベーショナル組織としてのポジション

金融システム事業は日本システム開発株式会社の中でも珍しい、業種特化型の組織であり、 2012年3月に創設された新規部門です。
社内から精鋭部隊を結集し、新規部門の強みを活かした実験的な取り組みも多く取り入れています。現状にとらわれないアイデアを生み出し、他部門に先駆けてイノベーションを実現します。

金融システム事業の発足(マインドマップ)

金融システム事業の発足

※クリックで拡大します

主な業務内容

業種を金融分野に特化し、銀行向け、証券会社向け、保険代理店向け等のシステム開発を行っています。

・証券会社向け基幹システムの設計開発
・銀行向け企業統合対応
・生保向け代理店関連システムの設計開発
など他多数

ビジョン

東京本社の体制強化の中心的な役割を担い、短期間での組織拡大を目指します。

組織体系・特化目標

現状の「金融」というカテゴリを細分化(証券向け、銀行向け、といったビジネスユニットを設置)し、各ビジネスユニットごとに更に専門分野を掘り下げて技術特化していくことを目指します。

ビジネスユニット 特化目標 体制
証券BU デイーリング系、チャート系、取引所系、ネット証券、営業系、人給系、会計系、法律・制度系、FX系…etc 社員数20名+協力会社
銀行BU 勘定系、情報系、外為、海外支店対応、ネットバンキング、融資、債権、窓口業務、リテール…etc 社員数20名+協力会社
生損保BU 営業系、契約系、コールセンター系、資産運用系、歩合給計算、支払い管理、顧客管理…etc 社員数20名+協力会社
クレジット信販BU 利息計算、督促系、営業系、無人契約機関連、法制度対応、会計監査対応…etc 社員数20名+協力会社

実例 金融システムソリューション

大規模金融系オープン化システム開発案件に参画
某大手金融機関様のシステムのオープン化に伴い、システム開発案件に現在も従事しております。
本案件は5年にもおよぶ大規模なもので、上流工程から参画させていただいており、基本設計工程を無事に完了させました。今後は詳細設計フェーズに進みますが、現稼動システムとの仕様の差異などの調整を行いながら、金融系システム開発の豊富な経験を活かし、システムカットオーバーまで完遂いたします。